読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんしのたしなみ

30歳からのおしゃれなファッションと生き方について

 スポンサーリンク

【ジュネーブモーターショー】イケメンな車5選【2017】

広告

 この時期のスイスは忙しいですね。

 3/9~3/19の間は世界4大モーターショーの一つ、ジュネーブモーターショーが開催されていて、さらに3/23~3/30は世界最大の時計の見本市、バーゼルワールドが開催されます。

 ちなみにジュネーブバーゼルはこんな距離感です。

f:id:yo30fashion:20170314001407j:plain

 車で約3時間の距離ですが、これから紹介する車ならもしかしたら1時間くらいで行けるかもしれません。

 今回は、ジュネーブモーターショー2017から、イケメンな車を5台セレクトしてみました。

エントリーNo.1 フェラーリ812 スーパーファスト

f:id:yo30fashion:20170314002108p:plain

 まずは、泣く子も黙るフェラーリです。F12ベルリネッタの後継にあたります。

 デザインとしてもF12ベルリネッタのようなロングノーズを踏襲しています。またドア部の造形も特徴的ですね。

 また、6.5リットルV12エンジン、パワーは800ps/8500rpmというもはや訳わからないレベルの出力を誇ります。泣く子がさらに泣きわめくエンジンです。

 値段に関しては未定ですが、3500万円以上はすると思われます。

エントリーNo.2 マクラーレン 720S

f:id:yo30fashion:20170314003443p:plain

 英国のメーカー、マクラーレンの新型車です。

 パッと見てわかる速そうな車です。圧倒的な車体の低さ、ミッドシップエンジンレイアウト、ガルウィングのドアなど、スーパーカーらしさの要素を満たしています。

 もちろん最近の車らしく、電子制御デバイスも搭載されていて、誰にでも運転しやすい車となっています。(たぶん)

 お値段は3338万3000円です。あと3000円安かったら買えたのになー。残念だなー。

エントリーNo.3 ベントレー EXP12 スピード6

f:id:yo30fashion:20170314004916p:plain

 同じく英国の車、ベントレーです。ベントレーのコンチネンタルGTCのようなデザインですが、なんとこの車電気自動車です。

 コンセプトモデルなので、まだ詳細は明らかになっていませんし、そもそも市販化されるか未定ですが、これからの車の発展を考えると、そう遠くない将来に市販されるのではないでしょうか。

エントリーNo.4 ランドローバー レンジローバー ヴェラール

f:id:yo30fashion:20170314005631p:plain

 レンジローバーの4つめのモデルです。位置づけとしては、レンジローバースポーツとイヴォーグの中間です。

 イヴォーグもなかなか独創的なデザインでしたが、このヴェラールもまたかっこいいですね。シルバーの質感も相まって、一つの金属から削り出したような感じがします。

 こちらお値段は699万円~で発売されるようです。まだ現実味のある価格です。

エントリーNo.5 アストンマーチン ヴァルキリー

f:id:yo30fashion:20170314010644p:plain

 なんか、リッジレーサーとかグランツーリスモとかで最後にアンロックされる車みたいな、アストンマーチンのヴァルキリーです。

 どうでしょう。逆に現実感がなくていいですね。

 スペックも6.5リットルV12エンジン、912rpsはもはやレース用です。

 公道仕様車は150台限定で、2.7億から4億円といわれています。グリーンジャンボが当たれば、或いは。

総括

 ジュネーブモーターショーでは、これ以外にもたくさんの車がワールドプレミアされていますので、気になる方は見てみてください。

 やはり土地柄、日本車よりも欧州車のほうが目立っている印象です。

 また、早いものだと夏ぐらいから実際に手に入るようですよ!