読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんしのたしなみ

30歳からのおしゃれなファッションと生き方について

 スポンサーリンク

4週間で開脚できるようになるチャレンジ【4週間目の結果発表】

広告

 ついに2月も終わりまして、この「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになる」チャレンジも無事4週間やりきることができました。

 「どんなに体かかたくても」開脚できるようになるということだったのですが、果たして開脚できるようになったのでしょうか。

 過去の取り組みはこちら↓

www.shinshino.com

4週間やりきった結果発表

 考えてみれば、2月は28日間というわけでちょうど4週間。このチャレンジを行うにはぴったりでした。

 だいたい30も過ぎて独り身だと、生活が固定化してしまって新しいことにチャレンジする機会もやる気もなくなってきてしまいます。

 そういった意味においてはこのチャレンジを通して得たものは大きかったのかもしれません。

   f:id:yo30fashion:20170302231514p:plain

 とかなんとか言っていますが、結論としては、

   開脚できるようにはなりませんでした。

 一瞬、1,300円+税返せ!とか詐欺じゃん!とか思ったりもしましたが、冷静になって考えてみればそもそも「誰でも」とかいうところで怪しさを見抜けなかった僕が悪いんです。

 よく国語のテストとか、就活のテストとかで「誰でも」とか「必ず」とかそういう単語が含まれる選択肢は誤りだという定説がありますよね。それと一緒です。

 しかし、進展がなかったわけではありません。なんと前屈に関してはぎりぎり床に手がつくようになりました。1カ月前は足首の当たりだったのを比べると、ハムストリングの柔軟性は向上している模様です。

さらなる考察

 開脚できない原因について考えてみました。

 開脚して前に倒れるためには、骨盤を立てる必要があります。そして骨盤を立てるためには股関節の柔軟性が必要になります。股関節の柔軟性というのは足の付け根の部分の柔軟性なんですが、ここが柔らかくならないと結局開脚できないわけなんですね。

 僕の場合は、座って足は開くんですが体を前に倒すことができないので、やはり骨盤が立っていないわけです。

 

 このように開脚できない原因がわかっただけでも良かったかなとか言ってみたりします。あと1ヶ月くらい頑張ったら開脚できるようになる気もするんですが、さてどうしましょう。

 

 興味がある人は試してみてください。