読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんしのたしなみ

30歳からのおしゃれなファッションと生き方について

 スポンサーリンク

僕の2017年の目標は結婚なわけですが、その確率を考えてみました。(中編)

広告

 結婚の確率を考えるくだりです。とりあえず前編はこちら。

www.shinshino.com

 ちなみに私事ですが、今日合コンに行ってきました。結果はお察しください。。。

ざっくり前半のまとめ

 結婚できる確率をP(m) marriageのm、彼女ができる確率をP(k) kanojyoのk、プロポーズが成功する確率P(p) proposeのp とすると、

    P(m) = P(k) × P(p)

とすることができます。

 また、彼女ができる確率P(k)について、

 自分が好きになる確率: P(ki) -i は自分という意味のIの頭文字だよ!-

 相手が好きになってくれる確率:P(ks) -sは彼女という意味のsheの頭文字だよ!-

 出会う人数をRとすると、 -Rに特に意味はないよ!-

      P(k) = 1-(1-P(ki) × P(ks))^R

と表せます。ここまでが前半でした。

P(k)の解説

 P(kj) ×P(ks)は自分が好きになった人が自分を好いてくれる、つまりある女性に対して、その人が彼女となる確率を表します。

 つぎに、(1-P(ki) ×P(ks))は、彼女となる確率の余事象なので、彼女とならない確率を表します。ついてきていますか?

 さらに、(1-P(ki) ×P(ks))をR、つまり出会う人数分繰り返すことで、出会った人すべてが彼女にならない確率を表します。大丈夫ですか?

 それを1から引くことによって、R人出会ったときに、少なくとも一人は彼女ができる確率となります。

 さいころを振ったときに、1の目が出る確率は1/6です。6回さいころを振って少なくとも1回1の目が出る確率をもとめるやり方と上記は同じです。

 これは、1以外の目が6回出る確率、(5/6)を6回繰り返す、つまり(5/6)^6を全事象から引いた確率となるので、1-(5/6)^6となりますが、これと考え方は一緒ですね。

 少なくとも一人は彼女ができる確率と言いましたが、僕はもちろん彼女は一人できればいいと思っていますよ。言葉の綾ですね。

         f:id:yo30fashion:20170114012447p:plain

具体的にP(k)を考えてみる

 それでは具体的に、彼女ができる確率P(k)を考えてみましょう。

 まず期間を区切ることが必要です。とりあえず1年間を想定しましょう。

 また、場合分けが必要だと思うので、どういう切り口がいいかと考えたのですが、Rについて場合分けをしてみましょう。

 Rは出会う人数でしたが、出会い方で場合分けしてみましょう。出会い方によって、P(ki)とP(ks)が大きく変わることは容易に想像がつくと思います。

出会い①すでに出会っている

 例えば、会社の同僚、大学の同期など既に出会っているけれど、いまのところ彼女ではない人も彼女になる確率が0ではありません。リサイクルとエコの精神からここにも目を向ける必要があります。つまり友人ですね。

出会い②新規の出会い

 30代そこそこの男性の出会いはせいぜい以下の通りではないでしょうか。今回は恋愛結婚を前提としているので、結婚相談所や婚活パーティは含みません。

 ②-1 友人の紹介 つまり友人の友人

 ②-2 合コン つまり友人の友人の友人(もしくは幹事の人 = 友人の友人)

 ②-3 ナンパ(クラブナンパ、ストリート、キャバクラを含む) つまり他人

 

 場合分けが多くてもやっかいなのでこれくらいにしましょう。

 これら4パターンの確率の合計が求めるP(k)です。順にP(k1),P(k2),P(k3),P(k4)とすると、

    P(k) = Σ[j = 1 → 4]P(kj)

となりますね!

 それではざっくり各P(kj)をみていきましょう。

 P(k1):旧知の知り合いに関しては、P(ki)は低いでしょう。今まで知っていたのに目を向けてこなかった人たちです。まあ、最悪元カノとかあるかもしれないので、0.05くらいですかね。P(ks)も同様なので、0.05としましょう。Rは電話帳やらLineのフレンドの人数を数えましょう。僕の場合は、20とか30くらいでしょうか。

 P(k2):友人の紹介は、ある程度こちらの好みをわかってくれているので、P(ki)は比較的高いでしょう、仮に0.2としましょう。P(ks)についてもある程度担保されるはずなので、0.2としましょう。Rは友人の数に依存します。僕の場合は4人とかが限界かな。

 P(k3):合コンです。一般的に合コンに好みの人が来る確率は10%くらいらしいので、P(ki)は0.1くらい、P(ks)はご自身のスペック依存ですが、過去を振り返り、考えてみましょう。僕の場合は0.1くらいですかね。Rは2ヶ月に1回、4×4の合コンするとして、合計で24人とかでしょうか。

 P(k4):ナンパの場合です。これに関しては好みの人に声をかけるので、P(ki)は0.9くらいでしょう。ただし、スペック次第ですが、ナンパは成功率が低いのでP(ks)は0.01とします。Rは頑張りしだいです。後で考えましょう。

 

 今回で終わるはずだったのですが、終わりませんでした・・・・。これまでのパラメータのご自身の値を考えておいてください!あと、エクセルをご準備ください。

 次こそ完結させますので、頑張ってついてきてください。

 あと、間違いがあったらご指摘くださいm(_ _)m そんなに確率が得意なわけではないのです。