読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんしのたしなみ

30歳からのおしゃれなファッションと生き方について

 スポンサーリンク

僕の2017年の目標は結婚なわけですが、その確率を考えてみました。(前編)

広告

 早いもので、もう2017年がスタートして12日が過ぎました。あ、そろそろ13日目です。歳を重ねるごとに一日が過ぎるのを早く感じる今日この頃です。

 さらに怖いことは、2016年の前半というか10月より前のことが思い出せないことです。多分何もせずに過ごしてきたんでしょう。

 そんなこんなでぼんやり過ごして来たらもう30歳です。近頃、友人がみな結婚していきます。そういうお年頃なんです。

 僕も決して結婚願望がないわけではないんです。結婚したいと思っています。切実に。もう切実に。

 具体的に言えば2~3年以内に結婚したいです。果たしてどれくらいの確率でこの願望は成就するのか、ということを考えてみました。

f:id:yo30fashion:20170112234213p:plain

まず統計データを見てみよう

 国税調査によると、平成22年の男性30~34歳の未婚率は46.5%でした。

また、その5年後の平成27年の男性35~39歳の未婚率は34.5%でした。

 ここから言えることは、平成22年に未婚の30~34歳の人は全体の46.5%で、5年経って35~39歳になったときに、いまだ未婚の人は全体の34.5%だったということです。

 つまり、0.345/0.465≒0.74なので、未婚の30~34歳の人で、5年後にまだ未婚の人は74%であり、結婚した人は26%であるということです。

 ちなみに25~29歳未婚男性のうち5年以内に結婚した人は、36%です。

 とはいえ、これはあくまでも統計です。国勢データのような大規模データは中心極限定理に基づいて、誤差は正規分布に収束します。ただ、僕が平均から何σ外れているかはわからないので、あくまで参考値なのです。

        f:id:yo30fashion:20170112234418p:plain

結婚に至る式を考える

 結婚に至るプロセスを確率式に置き換えて、結婚できる確率を考えてみたいと思います。

前提

 結婚には、いろいろな形があります。結婚に至るまでのプロセスで考えても、お見合い、結婚相談所、恋愛、結婚詐欺、偽装結婚といろいろです。僕はまだ恋愛をして結婚したいと考えているので、恋愛結婚を前提としたいと思います。まだ、ね。

プロセス

 それでは恋愛結婚のプロセスを考えたいと思います。単純に考えると、以下の通りだと思います。

  彼女を作る➡プロポーズ➡結婚

 簡単ですね(^^) 

 つまり、結婚できる確率をP(m) marriageのm、彼女ができる確率をP(k) kanojyoのk、プロポーズが成功する確率P(p) proposeのp とすると、

  P(m) = P(k) × P(p)

とすることができます。

P(k)、つまり彼女ができる確率について

 現在僕は、不幸なことに彼女がいません。何故でしょうか。不可解です。

 それはさておき、彼女ができる確率を考察しましょう。まずは結論から。

 (2017/1/13)訂正

  自分が好きになる確率: P(ki)

       相手が好きになってくれる確率: P(ks)

       出会う人数をR

       とすると、

  P(k) = 1-(1-P(ki)×P(ks))^R

 が正しいような気がします。

 解説は後編にて。

 

 長くなってきたので、今回は一旦ここまでとします。近日後編を公開予定なのでご期待ください。