読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんしのたしなみ

30歳からのおしゃれなファッションと生き方について

 スポンサーリンク

そろそろ迫ってきたセールについて考える

広告

 僕の中でもう2016年は終わっていまして、気分は2017年なわけです。あけましておめでとうございます。正月はいかがお過ごしでしょうか。

 年始の恒例行事といえばセールです。急に服とかが安くなるあのセールです。この日本において、セールというイベントは年に2回夏と冬に行われています。夏のセールについては毎年いつ始まるかが微妙に変わりますが、冬のセールは、近年1月2日から行われるところが多いです。

セールは意外と難しい

 セールというのは戦場です。戦場において戦果を挙げるためには、戦略が必要です。策なく戦場に乗り込むものに待ち受けるのは死です。

 セールの難しさは、以下の2点であると考えます。

 ・どこで買うか

 ・何を買うか

 具体的に解説していきます。

どこで買うか

 たまに、「あれ?この商品、普段売ってましたっけ?」とか、「全品セール価格(一部除外品あり)って書いてあるけど除外品のほうが多くない?」とかいう悪徳なお店があるのも事実です。あと、混みすぎててモノ売るってレベルじゃないお店もあります。

 これに関して、どこで買うのが正解かという問いに答えはありません。人気ブランドならばどこにいっても混んでます。ただ、これは僕の個人的な感想ですが、セレクトショップ系は基本的にセールが微妙だと思っています。また、ハイブランドなどのコレクション展開しているブランドは除外品が少ないです。高いですけど。

何を買うか

 セールには魔物が棲んでいます。値段が安い、今買わないとなくなるかもという焦りにより、結局着ない服を買ってしまうことが多々あります。僕もこれでいくら無駄にしたかわかりません。

 これらを防ぐために、まずすべきことは、今のうちに下見に行くことです。セール価格なら欲しい、という商品を今のうちに見極めておきましょう。これは必ずやっておきましょう。

 アイテムで言えば、シャツや薄手のセーター、パンツなどの春まで使えるような商品を買うのがおすすめです。アウターは意外とセール対象外になったり、サイズが欠けてたりするのでセールで買えないことが多いと個人的に思います。あと、カットソーなどもセール対象外になることが多いです。

セールはすでに始まっている

 本当の意味で、もう値引きが始まっているお店もありますが、そういう意味ではなく、年始のセールで勝ちたいのなら今から戦略をたてようということです。

 それではよいお年を。