読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんしのたしなみ

30歳からのおしゃれなファッションと生き方について

 スポンサーリンク

寒さに耐えるダウンジャケットのブランドまとめ 高級編

広告

 ↓の内容の続きです。寒い季節の強い味方、ダウンジャケットを買いたいなという話です。

寒さに耐えるダウンジャケットのブランドまとめ バリュー&アウトドア編 - しんしのたしなみ

 今回は、高級路線です。10万円を超える価格帯が中心です。大切に着れば、5シーズンくらいは着られるだけの品質がある商品ばかりなので、長い目で見ればそんなに高くないかもしれません。

 「なんで高いんだ?」って話ですが、ダウンの品質、デザイン、ブランドネームなんかが高くなる要因ですが、結局ブランドネームが大きい気もします。それはダウンジャケットに限らず、すべてそうだと思いますけどね!

 それではいってみましょう!

高級路線

モンクレール

f:id:yo30fashion:20161209001652p:plain

 まず、外せないのがモンクレールです。ダウンジャケットと言えばモンクレールと言っても過言ではないと思います。フランス発祥のブランドで、ダウンジャケットが主力商品です。ダウンジャケットが主力と言うこともあり、品質も折り紙付きです。およそ150,000円~という価格帯ですが、非常に軽くて暖かいのが特長です。

 高級路線でどれか買うか迷ったら、とりあえずモンクレールを買っておけば間違いはないと思います。

タトラス

f:id:yo30fashion:20161214225425p:plain

 こちらはイタリアのブランド、タトラスです。タトラスもダウンジャケットが有名なブランです。こちらのブランドのダウンジャケットの特長は、シルエットのきれいさです。ダウンジャケットはもこもこしがちですが、タトラスのダウンジャケットは細身でまとまりがいいです。お値段はおよそ100,000円前後です。

水沢ダウン(デサント

zozo.jp

 こちらはデサントが、日本の水沢で作成しているダウンです。このブランドのダウンの特長は、なんといっても高品質。ダウンジャケットの弱点は、水に弱く、使用していると中の羽が出てくることではないでしょうか。この商品はこれらの弱点を全て克服しています。防水素材を使い、縫い目を無くし、止水ジップを採用しています。お値段は80,000円~で、ブランドネームを考えると、相当高品質なのかなと思います。

ヘルノ

f:id:yo30fashion:20161214231353p:plain

HERNO(ヘルノ)Laminarラミナー ゴアウインドストッパーフーデッドダウンブルゾン PI056UL/11106/F/D 44062002071|メンズセレクトショップguji

 ヘルノはイタリアの高級ブランドです。カシミヤなどの高級素材を用いたアウターが人気です。ダウンジャケットも多数販売しています。

 前の3つのブランドよりは、どちらかといえば対象年齢が高い印象があります。また、スーツやジャケットスタイルに合わせやすいダウンもラインナップされています。こちらも100,000円~の価格帯です。

さいごに

 さあ、どのダウンジャケットを買いますか?振り返ってみれば、4,000円から100,000円まで幅広い価格帯の商品がありました。高ければいいというものではもちろんありませんが、高いものにはそれなりの高い理由があるのもまた事実です。お買い物は計画的に!!